髙田郁さん著
あきない世傳 金と銀 瀑布篇
読みました

8作品目 
武士のものとされてきた小紋染を
町人のものとしたい。。。と願い主人公 幸たち
江戸っ子の粋を感じ取りながら売り出し
周りを巻き込みながら大きく成長していく商い

行方しれずだった5代目に出会ったり
思いがけない禍が降りかかってくるけれど
知恵を絞りながら乗り越えていく
最後は身内に裏切られ
どうなっていくのだろう。。。と
9作目に続く
気になって早く読みたくなる一冊です

9784758443227