髙田郁さん著
あきない世傳 金と銀 合流篇
読みました

いつもは電車の中が読書の時間なのですが
今週はお仕事がお休みが続き
ついついやらなくちゃいけないことがありつつも
本を手に取ってしまいます(^^;;

10作目
江戸っ子の粋と野暮
時間をかけてじっくりと生み出された
藍染の浴衣
苦しい中でも辛抱強く新しい道を探る
五鈴屋の人々
本当に良かったなぁ

9784758443920
 次が気になって
どんどん読み進めてしまったけれど
あと3冊と思うと寂しいな