髙田郁さん著
あきない世傳 金と銀 出帆篇
読みました

12作目
五鈴屋の主従たちと仲間たちで知恵を絞り
再び呉服商いを
買い手も良し、売り手も良し
新しい売り方で再開
商いも武士や豪商そして吉原へと
商いの相手も大きくなっていく中
これまで店を支えてくれた
町人の人々たちが少し遠くに感じてしまう
ここにもう人知恵を考える
五鈴屋女主人


9784758444613

今度は最後の13作目
その続きにもう2冊上下巻出版されているようで
その本はリクエスト50人と70人待ち
待てるかなぁ(笑)