ほやほや♪お知らせほやほや♪ミニファミコン

2016年11月13日

ほやほや♪怒り


徹夜で読書 
途中でやめられなかったの 
久しぶりの感覚 

初めて読みました。 
吉田修一さん著 「怒り」 
人を信じる難しさを考えさせる物語 

職場の先輩に映画が良かったと聞いて 
原作を手に取りました。 

私は信じられるかなと 
それぞれ出てくる登場人物に自分を重ねて 
私も信じきる自信がない 

読んでいると映画の登場人物が浮かんで 
映画のように読みながら 
次々をページが進みました。 
映画まだ観てないのに 

映画がみたいけれど 
上映時間が合うのは少なくて 
観に行かれるかな?でも観たい。 

この作家さん「さよなら渓谷」「悪人」など 
映画になった作品の作家さんだった。 
少し続けて読んでみたい 
寝不足決定だろうな  




ほやほや♪お知らせほやほや♪ミニファミコン